守成クラブとは

守成クラブとは、単なる異業種交流会とは違い、「商売繁盛」前面に打ち出し「本音で自社をPRし、 互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的とする 全国100会場、参加10,000名を超える経営者の為の異業種交流・商談会です。

名前の由来

『創業は易し、守成なり難し』 「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し) 同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。

かけがえのない会社を潰してはならない

この一点を貫き運営されている商売交流の全国組織です。
単なる異業種交流とは違い、「商売繁盛」を前面に打ち出し、「本音で自社をPRし,互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的としています。単なる異業種交流親睦会ではありません。
われわれ中小弱企業を取り巻く経済環境は日増しに悪化しているのは周知の通り。
それは、中央と地方の格差を広げる潮流でもあります。
その激しき流れは、大企業と中小零細企業の格差を更に拡大していることにも繋がります。 国や行政の予算配分にいつも期待してきた私達、その期待の中にあったものとは?

●わたしの業界は、法的に守られる……はず
●地域で生きる私達だから必ず守られる……はず
●私達は弱者であるから守られる……はず
こう信じてきたのが昨日までの私達でもあるのでしょう。

しかしながら、この期待と願いであるはずの「はず」は、時流の中で押し流されてしまったようです。
このような厳しい時代の中、あなたの興した会社を守ること、引き継いだ企業を守り抜くことを目的に、ここに守成クラブが誕生しました。
会員同士が力を合わせ互いのマーケットを拡大すると共に、互いの商売繁盛を目指し実利に徹した商談を積極的に行うものです。しかもそのネットワークは、全国に広がっていることも大きな特徴です。

一人はみんなのために、みんなは一人のために

新しいチャレンジ、めざすその無垢な心を真っ白な地色に、そして、挑む勇気と燃える情熱が真っ赤な文字となりました。また、「が・ん・ば・れ」の4文字は、伊藤小一創設者の創始の心魂が表現されています。 地域の中小零細弱企業みなさん達よ!がんばれ!負けるな!そんな会長の声が聞こえてきます。

活動内容

「自分たちの市場は自分たちで創る」

毎回大勢の参加者が集うことは、お互いにビジネスチャンスを広げること。毎回新しい参加者と出会えることは、互いのマーケットが更に広がること。初めて出逢う多数の経営者と交換した1枚の名刺…。
その名刺からやがてビッグなビジネスチャンスが生まれます。
ビジネスは、行動なければ結果も生まれない。
さぁ、あなたも経営者として踏み込んでみませんか。 あなたの行動力と決断力をもって守成の扉をあけてください。がんばってる仲間が、がんばるあなたを待っています。

テーブル商談会
会員は経営トップ、または経営者に準ずる方だけに素早い反応が期待できる。
名刺交換会
参加者全員と名刺交換が出来るバンバン名物『大・名刺交換会』
ブース出展(※会員のみ)
自社のサービスや商材を実際に手に取って見てもらい反響をみれる。
自社・自己PR(※会員のみ)
目立ってなんぼ! 積極的にサービス・商材を壇上にてPRして下さい。
懇親会・イベント
例会以外にも二次会、日帰り旅行、お食事会など、親睦を深める企画が盛り沢山!

会員になるには

ゲストとしての体験参加からはじまります

ゲスト体験参加および入会については、 紹介者(正会員または準会員)の推薦が必要です。クラブの健全な運営の為に、ネットワークビジネス・宗教関係・その他、クラブにふさわしくないと判断した場合はゲスト参加や入会をご遠慮頂きます。また、入会後の強引な販売手法やビジネスマナーに反する行為、クレーム等が発生した場合は退会処置をいたします。

守成クラブの会員について

ゲスト
正会員・準会員の紹介で、体験参加は原則1回まで
準会員
入会申込みをし、後日 入会金及び年会費を振り込まれた方
正会員
準会員が他に1名誘って、その方が入会された方

会員になると

・毎月の例会でビジネス交流会が出来ます。大名刺交換・車座商談会・ブース・チラシ等
・正会員は全国の会場に参加することが出来ます(関西には神戸会場を含め14会場)
・正会員はチラシ・ブース出展等ができ、全国122会場に参加可能

参加資格について

■法人の決済権がある取締役以上の方。
個人事業(注1)の代表者。士業事務所の代表者。および下記、「参加資格がない方」に該当しない方。

但し
・合名・合資・合同会社の場合は代表者のみ
・士業の特定法人の場合は代表者のみ
・NPO法人は参加不可
・収益事業をしている一般社団法人は参加可能

■参加資格がない方
1)相互双方向ビジネスをする意思がない方。
2)法人化されてない保険代理業の方。
3)ネットワークビジネス・投資ビジネス・ファンド・一攫千金ビジネスと判断される事業の方。
4)政治・宗教活動をする方。
5)反社会的事業や活動をする方。
6)営利目的ではない組織の方。
7)その他、業種に偏りが出た場合には、会場判断で参加業種を制限する場合があります。

(注1)個人事業については下記の要件に該当する方のみ参加を認めます。
・開業届を出している
・屋号がある
・法人化の予定/意思がある
・雇用している/意思がある

2017年9月7日 更新

費用について

入会金
(初年度のみ)10,800円(税込)
年会費
19,440円(税込)
初回の振込
入会金と年会費の合計30,240円を下記にお振込み下さい。
振込先:みずほ銀行神谷町支店 (普)1257198 (株)日本商工振興会
会費についてのお問い合せ→ 日本商工振興会 TEL:011-531-1570
毎月の定例会参加費
5,000円(飲食代込み)
※月々の定例会の運営は、守成クラブみなと神戸が行っています。直接、例会でお支払い下さい。
みなと神戸会員
例会出欠連絡フォーム
ゲスト参加申込み
紹介者入力フォーム
他会場所属
例会参加申込フォーム